Pythonプログラミング 生活 Python自動化

Pythonで鬼滅の刃のぬりえを自動で作成!

こんな方におすすめ

  • 鬼滅の刃のぬりえを写真から作りたい
  • ウェブページの画像を一括でダウンロードしたい
  • Pythonのseleniumを使った自動化にチャレンジしたい

今回は、Pythonを使って、人気アニメ鬼滅の刃のキャラクターのぬりえを自動で作成する方法を紹介します。ぬりえの自動化をやろうと思ったのは、うちの子供がぬりえ好きで、毎回ぬりえの作成をせがまれるので自動化してみました

自動化と言っても、Pythonが自動でキャラクターのぬりえを作ることは当然できないので、以下のような手順でぬりえを作成します。

  1. キャラクターの掲載されているホームページから、写真をダウンロード
  2. PILOTさんのウェブアプリ、”写真でぬりえを作ろう”を自動でコントロール

当然、著作権等がございますので、ダウンロードした画像や、作成したぬりえは個人で楽しむだけに使用する必要があります。販売したら違法行為になりますので注意してください!

 

プログラムの流れ

早速プログラムの流れについてです。

ぬりえの画像をホームページからダウンロードする

まずは、鬼滅の刃のキャラクターをダウンロードします。一括ダウンロードには、pythonのrequestsモジュールを使用します。

鬼滅の刃のキャラクターは、以下の公式ホームページに掲載されている写真を使わせていただきました。

ホームページからキャラクター画像を一括でダウンロードして、保存します。

 

画像をぬりえに変換する

画像をぬりえに変換するために、以下のPILOTさんのWEBアプリ写真でぬりえを作ろうを使わせていただきます。

 

 

 

 

 

 

このWEBアプリは、手順にしたがって写真をアップロードしクリックしていくだけで、写真からぬりえを作成することができます。

WEBアプリを動かす部分をPythonのseleniumを使用して自動化します。ブラウザはsafariを用いてます。

自動制御を可能にするために、safariのツールバーの開発から”リモートオートメーションを許可”を有効にしてください。

プログラムの内容

まずは、必要なモジュールをインストールします。

画像の保存先のURLのリストを作成します。ここでは、img_chara_01.jpgからimg_chara_10.jpgの10個の画像を保存しています。

ダウンロードした画像を"写真でぬりえを作ろう"のウェブアプリに一枚ずつアップロードして、ぬりえを作成し保存します。この作業をseleniumモジュールで自動化するプログラムを書きます。

WEBアプリ実行時の、"ぬりえの加工"や”保存”などの各ボタンの制御方法については、以下のサイトを参考にしてください。

https://qiita.com/VA_nakatsu/items/0095755dc48ad7e86e2f

 

まとめ

今回、Pythonのプログラムで画像の一括ダウンロードからWEBアプリの動作までを行い、ぬりえを作成しました。

 

 

 

 

 

 

ぜひ、お子さんとぬりえを楽しんでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-Pythonプログラミング, 生活, Python自動化

Copyright© MAYRのPython活用法! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.