Python自動化

Pythonで相互フォロー/アンフォローを自動化

こんな方におすすめ

  • Pythonで、ツイッターのフォロワーをフォローしたい(相互フォローしたい)
  • Pythonで、自分をフォローしてくれない人のフォローを外したい
  • Pythonの集合の使い方を知りたい

 

ツイッターでフォロワーをフォローする。または、自分をフォローしてくれない人のフォローを外す。このような行為は、誰しもがよくするような動作です。Pythonプログラミングを描いて、自動化を実現してみましょう。

Pythonの集合の操作を使っておりますので、集合の使い方の参考にもしてみてください。

 

プログラムの内容

tweepyをインポートします。

Consumer Key(CK),Consumer Secret Key(CS), Access Token(AK), Access Token Secret(AT)の設定。自分のツイッターの開発情報を入手して入れます。ツイッターのAPI関数を使用するので、以下のように設定します。

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

フォローワーをリストで入手します。下記では、Indexを500としているので、500名分フォロワーがリスト化されます。

次に、フォローしている人をリストで入手します。同じく500名分リスト化します。

リスト化した、follower_listとfriends_listを集合に変換します。

集合に変換することで、フォローしていないフォロワーや、フォローしているけどフォローされていない人を簡単に見つけることができます。

Pythonの集合の計算の例です。

集合A={A,B,C,D,E} 集合B={A,B,C}

集合Aー集合B={D,E}

 

集合の演算を用いることで、フォローしていないフォロワーを以下のように簡単に得ることができます

また、同様に、フォローしているけど、フォローしてくれない人も得ることができる。

それぞれを集合からリストに変換する。(リストでループを回して、フォローまたアンフォローを実行するため。)

フォローしていない、フォロワーをフォローする。

フォローしてくれない、フォロワーを外す。

このプログラムを1週間おきに定期的に実行することで、相互フォローの状態を保つことができます。

まとめ

今回は、ツイッターの相互フォローを自動化するためのプログラムの描き方について説明しました。集合の使い方も理解できたと思います。

ぜひ、トライしてみてください。



スポンサーリンク

-Python自動化

Copyright© MAYRのPython活用法! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.